食材宅配サービス

ベッドフレームの必要性をメリット・デメリットから検証【おすすめも紹介】

※本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

悩んでいる人
悩んでいる人
ベッドフレームを買おうか悩んでいる。ベッドフレームを使うメリット・デメリットを知りたい。

今回は、このようなお悩みを解決します。

この記事の内容

  • ベッドフレームを使うメリット・デメリット
  • ベッドフレームの必要性を検証
  • 実際に使っているベッドフレーム

ウタサキ
ウタサキ
ブロガー兼Webライターのウタサキ(@_UTa_SaKi_)です。
今回は「ベッドフレームの必要性」を解説します。

この記事では「ベッドフレーム」を買おうか悩んでいる人に向けて、まずメリット・デメリットを紹介して、それから必要なのかどうかを検証していきます。

使っている人、使っていない人それぞれのリアルな評判や口コミも紹介しています。

この記事を読めば「ベッドフレーム」を購入するかどうか、自信を持って決めることが出来るようになりますよ。

ぜひ最後までチェックしてみてください、それではどうぞ!

商品画像・リンク・レビューは”Amazonアソシエイト”を利用しています。
画像をクリックで商品ページへ飛びます。
映像はYouTubeを使用しております。

ベッドフレームとは?

ベッドフレームとは?

ベッドフレームとは、マットレスを除いた枠部分のことです。

サイズは、マットレスに合わせたものがあります。

  • セミシングル(SS)
  • シングル(S)
  • セミダブル(SD)
  • ダブル(D)
  • クイーン(Q)
  • キング(K)

マットレス一体型・収納付きなど、いろいろな種類があります。

ベッドフレームに関する評判・口コミ

ベッドフレームに関する評判・口コミ

ベッドフレームに関する評判・口コミを調べてみました。

よく見かけた評判・口コミ

  • ベッドフレームは必要なのか悩む人
  • ベッドフレームに関する口コミ

ベッドフレームは必要なのか悩む人

Twitterで口コミを調べたのですが、やはり「ベッドフレームは必要なのか」を悩んでいる人がいました。

ここからは、ベッドフレームに関する口コミを紹介していきます。

ベッドフレームに関する口コミ

Twitterで調べた限り、悪い口コミが目立っていました。

狭い部屋を広く使うためにベッドフレームはいらないという考えもあるようです。

またホコリの溜まりやすいベッドフレーム下は、床が見えていると掃除がしやすいという意見もありました。

ベッドフレームを使っていて、下記のように考える人が多いことがわかりました。

  • 移動が大変
  • 処分を検討している
  • 必要性を感じなくなった

ベッドフレームを使うデメリット5つ

ベッドフレームを使うデメリット5つ

ベッドフレームを使うときのデメリットは、下記の5つです。

デメリット

  • 部屋が狭くなる
  • 引っ越しや模様替えの移動が大変
  • 落下する可能性がある
  • 必要なお金が増えてしまう
  • 処分がしにくい

デメリット①:部屋が狭くなる

ベッドフレームを置くと、どうしても部屋が狭くなってしまいます。

布団やマットレス単体なら押し入れにしまったり、壁に立て掛けておくことができます。

しかしベッドフレームがあると、そうはいきません。部屋を広く使いたいと考えている人は、注意しておきたいところです。

一人暮らしで1R、1Kに住んでる人は特に注意!

デメリット②:引っ越しや模様替えの移動が大変

ベッドフレームは家具の中でも一番と言ってもいいほど、大きなものだと思います。

引っ越しや模様替えをするときに移動が大変です。

ましてや部屋から移動するときに扉から出せず、一度解体しなくてはいけないことも…

デメリット③:落下する可能性がある

ベッドフレームを使うと、床との高さが発生します。

小さいお子さんのいるご家庭では、大きな怪我に繋がることもあります。

デメリット④:必要なお金が増えてしまう

マットレスなどの寝具+aのお金がもちろん発生します。

安いものでも1万円以上するので、なるべく使うお金を抑えたい人にはデメリットになると言えます。

デメリット⑤:処分がしにくい

購入してから、必要なくなったときの処分も大変です。

自分で処分しても、業者に頼んでもいずれにしても簡単には捨てれないので手間が掛かります。

購入するときには、もしも要らなくなったときのことも考えておきましょう!

ベッドフレームを使うメリット5つ

ベッドフレームを使うメリット5つ

ベッドフレーム使うときのメリットは、下記の5つです。

メリット

  • 湿気やカビの発生を防止できる
  • 底冷えしない
  • ホコリを吸い込まない
  • 下に物を置ける空間を作れる
  • マットレスを長く使える

メリット①:湿気やカビの発生を防止できる

私達は寝ている間、冬でも汗をかいています。その汗をマットレスは毎日吸収している状態です。

逃げ場がない湿気が原因で、当然カビが発生しやすくなっています。

しかしベッドフレームを使うことで床との距離ができ、通気性が良くなり、湿気が溜まりにくくなります。

これは、ベッドフレームを使う最大のメリットと言えますね。

メリット②:マットレスを長く使える

メリット①の補足になりますが、湿気や熱の逃げ場がない状態が続くとマットレスの耐久性に影響が出てきます。

少しずつヘタれて、反発性がなくなったり、内部のコイルが錆びてしまう原因になったりします。

マットレスを長く使いたい人は、ベッドフレームを使った方が良さそうですね。

メリット③:底冷えしない

マットレスを床に直置きしていると、冷気が体に伝わってきます。冬場は特にキツイですよね。

ベッドフレームを使えば、床に接することなく、寒さで眠りを妨げられることがありません。

メリット④:ホコリを吸い込まない

ベッドフレームを使うと、床との距離が出来るのでホコリを吸い込みにくくなります。

ホコリやダニなどのハウスダストと呼ばれるものを吸い込んでしまうと、アレルギーになることもあるので注意!

メリット⑤:下に物を置ける空間を作れる

空間を有効活用して、荷物を収納することができます。

ただし、あまり荷物を置きすぎると今度は湿気が逃げにくくなるので、少し置く程度にしておきましょう。

ベッドフレームの使用をおすすめする人

ベッドフレームの使用をおすすめする人

ベッドフレームの使用は、下記のような人におすすめです。

おすすめする人

  • ハウスダストを吸いたくない
  • 底冷えしたくない
  • マットレスのメンテンスの手間を減らしたい
  • 部屋の広さが十分にある
  • マットレスの通気性を良くしたい

ベッドフレームを使う最大の魅力は「床との距離ができること」です。

ハウスダストを吸い込まない、底冷えしない、通気性の確保が挙げられます。

毎日湿気を逃がすために、マットレスを壁に立て掛けることをしたくない人も使用をおすすめします。

ベッドフレームの使用をおすすめしない人

ベッドフレームの使用をおすすめしない人

ベッドフレームの使用は、下記のような人にはおすすめできないと思います。

おすすめしない人

  • 転勤などで引っ越しが多い
  • できるだけ寝具に掛けるお金を少なくしたい
  • 部屋を広く使いたい
  • 小さなお子さんがいるご家庭
  • 掃除や模様替えを楽にしたい

ベッドフレームを使う最大の難点は「移動や処分がめんどくさいこと」です。

仕事で転勤がよくある人や模様替えを良くする人は、購入を考え直してもいいかもしれません。

また落下やぶつかるなど、小さなお子さんのケガの原因にもなるので注意が必要になります。

ベッドフレームなしでマットレスを使う方法

ここからは、いろいろな意見を聞いて、ベッドフレームは使いたくないと言う人にためにマットレス単体で使う方法を紹介していきます。

方法①:除湿パッド・除湿シート

1つ目は「除湿パッド・除湿シート」です。

マットレスの上に敷く除湿パッドと下に敷く除湿シートは、汗や水分を吸収する働きがあります。

マットレスを選択するのは無理ですが、除湿パッド・除湿シートなら簡単に洗濯でいるので衛生的です。

方法②:折りたたみマットレス

2つ目は「折りたたみマットレス」です。

折りたたみできるマットレスなら、湿気を逃がすための立て掛けがしやすいです。

折りたたんで収納することが出来るのも◎

方法③:すのこマット

3つ目は「すのこマット」です。

すのこマットを使うことで、床との距離が生まれて湿気が溜まりにくくなります。

折りたたみ式なら、コンパクトに収納したり、布団を干すときの物干しとしても使えます。

実際に私が使っているベッドフレームを紹介

ここまでいろいろと解説してきましたが、私は「ベッドフレームを使っています」

それは私の性格上、毎日のお手入れはしないなと思ったんので使うことにしました。

私がベッドフレームを選ぶときに考えたのは、下記の点です。

  • シンプルなデザイン
  • ダブルサイズ
  • 真ん中に補強が付いている
  • 角が丸まっている
  • 組立・解体がしやすい
  • お掃除ロボットが入れる高さ

これらすべてに当てはまるベッドフレームがこちらです。特にシンプルなデザインで、角が丸まっているものがあまりなかったのでこちらの商品はドンピシャでした!

これからベッドフレームを探す人は、ぜひ参考にしてみてください。ちなみにマットレスは「コアラマットレス」というものを使ってます。

※セミシングル・シングル・セミダブル・ダブルの4種類の内、真ん中に補強があるのはダブルサイズのみです。

ベッドフレームの必要性についてのまとめ

今回はベッドフレームの必要性をメリット・デメリットから検証【ダブルのおすすめも紹介】という内容を下記のテーマに分けて解説しました。

  • ベッドフレームとは?
  • 関する評判・口コミ
  • 使うデメリット5つ&メリット5つ
  • 使用をおすすめする人&しない人
  • ベッドフレームなしの方法
  • 私のおすすめベッドフレーム

記事の内容をおさらいしましょう!

ベッドフレームを使うメリットベッドフレームを使うデメリット
  • 湿気やカビの発生を防止できる
  • 底冷えしない
  • ホコリを吸い込まない
  • 下に物を置ける空間を作れる
  • マットレスを長く使える
  • 部屋が狭くなる
  • 引っ越しや模様替えの移動が大変
  • 落下する可能性がある
  • 必要なお金が増えてしまう
  • 処分がしにくい
使用をおすすめする人使用をおすすすめしない人
  • ハウスダストを吸いたくない
  • 底冷えしたくない
  • マットレスのメンテンスの手間を減らしたい
  • 部屋の広さが十分にある
  • マットレスの通気性を良くしたい
  • 転勤などで引っ越しが多い
  • できるだけ寝具に掛けるお金を少なくしたい
  • 部屋を広く使いたい
  • 小さなお子さんがいるご家庭
  • 掃除や模様替えを楽にしたい

ベッドフレームの必要性を検証してきましたが、一概にどっちが良いとは言えません。

使う使わないを決めるときに、それぞれの特徴を理解して検討しましょう!

個人的には、余裕があるなら衛生的にも使ったほうがいいと思います。

今回は以上になります。

最後までありがとうございました。

おすすめの電子書籍ストア

U-NEXT

1つのサービスで「観ると読む」

  • マンガ/ラノベ/雑誌など幅広いコンテンツを配信
  • 毎月もらえる1,200円分のポイントでマンガも買える
  • 動画 約21万本、雑誌 約114誌が見放題読み放題

31日間の無料トライアルあり

【U-NEXT】

ebookjapan

日本最大級の電子書籍販売サービス

  • マンガを中心に60万冊以上の電子書籍を販売
  • PayPayの支払いでボーナスポイントがもらえる
  • セールやクーポンなど、お得にマンガを読めるキャンペーン

新規会員は50%ポイント還元

【ebookjapan】

 

Renta!

電子書籍をいつでもレンタル

  • レンタルで48時間読み放題
  • マンガを安く、たくさん読める
  • 気に入ったら、無期限レンタルにアップグレード

レンタルでお得にマンガを読もう

【Renta!】

 

まんが王国

試し読みのページ数が豊富

  • いつでも約3,000冊を超える無料マンガ
  • ポイント購入、使用で毎日ポイント最大50%還元
  • 1日2回、10〜50%OFFのクーポンが当たる

初回ポイント購入で
最大18,000ポイント還元

【まんが王国】


DMMブックス

いろいろなジャンルの本を読める

  • 年3回の大規模なスーパーセール
  • 大人向け作品「FANZA」は国内最大の品揃え
  • ポイントを他のDMM.comサービスでも利用できる

お店で買いにくい本は
DMMブックスで読もう

【DMMブックス】


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA